介護の仕事が原因で患ってしまった腰痛との戦い

私は介護の仕事をしております。

仕事を始めて三年目くらいの時にぎっくり腰をしました。

痛くて立てませんでした。

労災を使って休職をしました。

コルセットなしでは仕事をする事が出来なくなりました。

労災を使ったので会社に居づらくなり転職をしました。

介護をして今年で九年目くらいになります。

定期的に病院へ行きリハビリをしながら働いてます。

痛くて寝れないときもありました。

職業病といった感じですか。

仕事をするときは必ずコルセットをしています。

一度痛めるとなかなかよくなりません。

リハビリやシップを貼ったりして誤魔化し仕事をしています。

そろそろ介護の仕事をするのが難しくなったので転職も考えています。

立ち仕事はキツイのですが、でも座りまっなしもキツイので適度に座ったり立ったりする仕事を探しています。

清掃業も考えています。

清掃業は歩くので運動にもなるかなと思ってます。

ただ、立ちっまなしではないのでいいかなとも思ってます。

介護はもう無理だと思います。

何度かぎっくり腰を繰り返してますのでもう無理だと思います。

介護の仕事は自分より重たい方の介助もしなきゃいけないのでとてもキツイのです。

それに何度も腰を痛めてるのでもう無理だと思います。

辞めて少しリハビリに集中し違う職種に変えたいと考えております。

家でもストレッチなどおこない腰をいたわっています。

ドクターからも介護の仕事は無理でわないかと言われてます。

近々辞めたいと思ってます。

介護の仕事はきつい割に給与安いです。

きつい、汚い、危険、加え安いです。

もう介護の仕事はいいです。

しばらく療養したいです。

来週あたりにでも退職願いを出そうかと思ってます。

辞めてリハビリに集中して違う仕事をしたいです。

なかなか仕事が無いのが現実なのですが身体の事を考えると介護の仕事は無理です。

九年近くやってたのですがもう介護はしたくありません。

身体壊してまで働きたくないです。

身体を良くしないと仕事をできないです。

標準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です