なぜ万年腰痛になってしまうという事態が発生してしまうのか考えてみた

家族や友人、知り合いなど、腰痛の人が結構多いです。

そういう私も万年の腰痛持ちで、痛みを感じない日もあるのですが、雨の日や家事や掃除をたくさんした時など、けっこう傷むことが多いです。

若いころは腰痛などとは無縁だったのに、なぜこうなってしまったのか、またなぜ腰痛の人が多いのでしょうか。

友人は腰が痛いので、どうすればよいのかと医者に聞いたそうなのですが、「腰を使わないようにしてください」と、言われたそうです。

たしかにそうです。使わないようにすれば炎症などは治っていき、いくらかは楽になっていくはずです。

でも実際仕事や家事、その他労働をしないと一般的に生活がなりたちません。無理をして動いている人がほとんどなのではないかと思います。

もともとあまり腰が痛くならない人がいる一方、身体を休めても、マッサージなどを施してもぶり返すように腰痛が発症する人もいます。

それは体質とか癖などという場合もありますが、例えば姿勢が悪くて猫背がちだと、どうしても肩がこってきますよね。

そんな感じで、身体に変な癖があるために腰痛が治らないケースも実は多いのではないでしょうか。

猫背イコール肩こりはよくしられていることですが、実際猫背によって重い首を支えるために直接的に肩に負担はきますが、背骨は首から腰まで繋がっているので、腰にも負担はかかっているのです。

また、例えば床に落ちている物を取る際に、いちいちしゃがむことなく腰を曲げてとる方がほとんどだと思います。少し横にあるものでも、移動せずに身体だけ斜めにして手を伸ばして取るとか、まず面倒ですから上半身だけ移動して作業してしまいがちになるんですね。こういう動作って自覚はなくとも一回一回腰に負担がかかっているんです。

物を取るときはしゃがむなり、体全体を移動させるなど、まずこういう一つ一つの動作から気をつけることで、おそらくかなり腰痛は改善されていくのではないでしょうか。

また姿勢の悪さは腰痛、肩こり意外にも体のいろいろなところに不調として表れてくるので、まずは普段から意識して生活していく事が大切になってくると思います。

標準

腰痛に悩み毎日が腰の痛みとの戦いという現実

呼ばれずに姿を見せる。あいつが来る。今日もだ。仕事柄、避けられぬとはいえ、どうにも集中を乱す。朝は良い、昼もまま許せる、夜に差し掛かる夕方頃、日の傾きはオレンジの赤と連れ立ち襲い掛かる。じわりじわりならばまだ可愛げのある、ときにどしんとこれは雷に打たれたかといわんばかり、神経がはっきり知覚される。劇的なそれが引き波のよう、ささと引き上げると私の動きは亀のごとき緩慢でひどく無様に成り下がる。一歩も動けない、楽な姿勢すら取ろうものなら二度三度雷鳴に打たれなくては。救いは席に着いた仕事でありますか。いいや、腰痛を引き起こす要因はこの日々机にかじりつく結滞な仕事というのも憚られる物書きなる職にある。どうしたものか思案顔も明日は待たずに忍び寄り、今日がまたまた終わりに向かう。はてさて、途方にくれてばかりとは少々見くびられたか、対策、手は打つのだ。姿勢をまずは改めて見返した。時代は便利を追及してくれてありがたい、一人一台カメラを所持するのだ。映した姿は静止画と一時間の動画の二種を撮る。首構えに出ていた、肩の凝り、首筋への過度な不可は腰へ影響を及ぼすのか否か、背骨はつながる、硬化した筋肉が骨を異常な位置へ押しやるかもしれない。そして目に付くは腰の反りであった。頭が作る像はさほど極端な曲面を描かずに滑らか。修正を施したらしい、都合よき解釈をしなければもしか、より痛み増していたのかもしれない。身勝手で短絡的である、自分の意識へ謝罪を述べる。次いで気を取り直し、疲労が要因に目を凝らして、これかと膝を打った。前に傾く頭部を傾きが許容を超えたら、気を張り私は元の正常な位置へ戻した。しかし四十分あたりから戻す動作がほかりと忘れらて、がちりと前傾の窮屈な姿勢を固めてしまった。このまま修正されず、時間を迎えた。このよう、首のこり、筋肉に負荷をかけ続けた長時間がどうにも暢気な仕事に取り掛かる前の私と、その後の違いであった、首の修正と腰の因果関係を怪しみはしたが、確証はない。とはいえ、頭を意識し戻すように取り組んだところ、すくっと上体と目線は上へ伸びる。まだまだ腰は爆弾を抱える予感はひしひし伝わる。ただ、雷の怒りは修正後訪れてはいません。今後も要経過を観察しまして、机に向かうとしましょう。

標準

仕事柄か何十年もの立ち仕事で腰が悪くなる

30年近く理容師をしています。

10代から30代までは、なんともなかった腰が40代になり痛さがでてきました。

職業病だと言えば、そうかなーと思いますが姿勢の悪さも原因なんだと思います。

カットをするときや髭そりをするときや、シャンプーをするときが一番腰に負担がきますが正しい姿勢で仕事をしたら大丈夫だとは思います。

46才で始めて整形外科を受信しました。急にある日突然に歩けなくなりました。

歩き方がおばあちゃんみたいにしないと歩けないし、歩くと背中に激痛がきましたが座骨神経痛だとおもい病院に行った所、背骨の骨が異常になっていました。

レントゲンをとり見せてもらい説明を受けたら生活習慣で姿勢が悪くて骨と骨の間の軟骨が開いている状態でした。リハビリと先生との問診で治療をしましたが、普段家でやる体操なども教えて頂き姿勢を普通に戻す事が大切と言われました。

ナカナカ日頃から運動をしていないからリハビリもキツくて大変でした。ちょっとした体操も辛いと感じたりしましたが数日の間、家で気を付けたらリハビリも長く行かなくて良くなり2日の通院で落ち着きました。

また悪くなれば来てくださいと言われて教えて頂いた体操などを家でするようにとアドバイスを頂きました。

腰通は半端なく痛くて激痛が走ります。

なった人でないと痛さや辛さは分からないです。

もう二度とあんな辛い痛みは味わいたくないので気づいたら姿勢を正して気を付けるようにしています。

私の場合はまだ軽くはありましたが骨は固まっていますから歳を取るまでには姿勢が第一になります。

仕事柄、姿勢が悪くなるのは分かっていますが気を付けて仕事をするようにしています。

定年のない理髪の仕事ですが腰が悪ければ出来ませんから長く仕事を続けられるようにと思います。

体は痩せていて腰に負担がかかる事はありませんが体の歪みは痩せていてもあります。

整形外科は非常に女性の方が多く感じられました。

整形外科を受診する事のないように頑張ります。

標準